読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

仲間とマニアックに語り合いたくなる映画(シン・ゴジラ)

<ここだけネタバレなし>

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 


『シン・ゴジラ』予告


『シン・ゴジラ』予告2

 

 2016、総監督:庵野秀明、監督:樋口真嗣、ほか。

  シン・ゴジラを公開初日に見てきました。ユナイテッド・シネマ新潟で4DXで見たので、普通の状態で今度見てみたい。IMAXは新潟にはないから、東京に行って見ようか…などと考えてます。つまり、何度も見たくなるほど、私にとっては素晴らしかった映画です。

 「シン・ゴジラ」でたまたまヒットしてこのページをご覧になっている方。もし「シン・ゴジラ」を見ようと思っているならば、この映画はネタバレ無しで映画館で観たほうが絶対いい。庵野秀明の実写映画はほぼ初めて観たのですが、いろんな意味で裏切られました。

 以下ネタバレあり。

 

 まずまとめて。

 

 

 シン・ゴジラはただの怪獣映画というより、怪獣映画をもっと突き詰めたもののように感じます。「ポリティカル・フィクション」というそうですけど、つまり、「実際に怪獣が現れた場合、日本政府はどう行動するか、日本はどうなるか」ということが突き詰めて描かれるわけです。

 

 

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組
 

 

 比較して悪いですが、2014年、ギャレス・エドワーズ監督が撮った「GODZILLA」(ゴジラ)は、ゴジラをはじめとする巨大生物を研究してきた秘密機関や、主人公と父との葛藤と和解、そして主人公と妻との信頼関係が描かれるわけですが、「シン・ゴジラ」では個々の人間にあまり個性がない。いや、性格というか個性はあるのでしょうが、それが削がれている。主人公である矢口藍堂内閣官房副長官(長谷川博己)ですら、例えば妻はいるのかとか、父や母はどうしているのか、ということが一切描かれないわけですね。

 当たり前といえば当たり前で、巨大怪獣が東京を攻めている非常事態ですから、そんな描写があっても意味が無いという判断なのでしょうが、パニック映画の「定番」の演出を敢えて外し、ほぼ「怪獣」と「対策会議」の絵しかない、というかなり突き詰めた映画になりました。今までのゴジラ映画が「(特定の)人」対「ゴジラ」を描いてきたのに対し、シン・ゴジラは「(組織としての)人」対「ゴジラ」を 描いた。それが非常にリアルだと感じました。

 

 後半で描かれる政治的駆け引き。僕としてはここが非常に良かったですね。東京で核攻撃が行われるかもしれない、しかし主人公たちの進める「矢口プラン」ももう少しで完成する、という状況の中、政治的な裏工作が進められる。「政治家のシーンが多すぎる」という感想も有りましたけど、僕は逆にそこが好きだったなあ…。

 

 次に、「シン・ゴジラ」に登場する主役かつ悪役、「ゴジラ」の魅力について。  「シン・ゴジラ」に登場するゴジラは、今までの映画で登場するゴジラとはまったく違います。登場人物たちは「進化した」と言いますが、進化は進化ですが、「異形としての進化」。

 

 

 

 

 

 

 

 昭和29年に公開された初代「ゴジラ」は、恐龍をベースにしつつも、水爆によって焼けただれた皮膚、放射能の恐怖、そしてあの怖い顔、怪獣というより得体のしれないバケモノでした。それが、段々と映画の方針が変わっていくにつれ、親しみやすく愛嬌のある「キャラクター」になり、シェーをしたり、放射火炎で飛んだり、吹き出しで喋ったり、また筋骨隆々とした造形になったり、と変わっていった。

 

 「シン・ゴジラ」のゴジラ、上陸当時(第二形態)は「あれ、違う怪獣かな」と思うほど気持ち悪い形に変わってましたが、それから段々と「進化」し、立ち上がり、そして再び海から現れた時の「前より大きくなってないか?」という台詞とともに映しだされる異形の「第四形態」。

 在日米軍の猛攻に苦しむゴジラが、口から吐き出す熱線。あの絶望的な音楽とともに背中から放たれた熱線はとんでもなかった。口から吐き出された段階では「ああ、熱線吐くんだな」という感じでしたが、下顎が開いて「え?」、背中から熱線が放たれて「うわあああ!」ってなってしまった。大河内総理好きだったんだけどな…合掌。  

 

 この辺は、庵野秀明樋口真嗣両氏がその前に手がけ、「特撮博物館」で 公開された「巨神兵東京に現わる」に非常に似たものを感じますね。

 

「ヤシオリ作戦」。この奇妙なネーミングですが、これは記紀神話でのヤマタノオロチを倒す時に、スサノオノミコトがオロチを酒で酔わせて倒すのですが、その時に使われる「八塩折の酒」が元になっています。ああ、映画見てる時に気づけばよかったのにー。イライラ。

 

 その前段の「無人新幹線爆弾」「無人在来線爆弾」で「ええー!!」と度肝を抜かれ、そしてそこで流れる伊福部昭の「宇宙大戦争」のテーマ、「がんばれー!」と叫びたくなること間違いなし。

 

 

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

 

 

 あと忘れちゃいけないのが音楽ね。伊福部昭の曲がいいのは当然ですが、鷺巣詩郎の「上陸」(OPで流れる)、「悲劇」(熱線のシーンで流れる)が素晴らしい。サントラ買っちゃいましたよ。みんなも買おう。

 あ、牧博士のシーン、「機動警察パトレイバー The MOVIE」の展開を思い出したのは僕だけかしら…。 

 

 と、ここまで書いて思いましたが、自分自身が興奮しているので全然感想がまとまらない(笑)。とまあ、こんな感じで、「シン・ゴジラ」を観た人と、美味しい酒とツマミを傍らに、ああだこうだ語り合いたくなる映画なんです。

 

 もう少し冷静になったら加筆するかもしれない。でも、今はここまでしか書けません。