読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

「小説家になろう」に登録してみました

創作

 今頃告白しますが、僕は大学生の頃は文芸部に所属するぐらい、小説は書いていたし読んでもいました。自作をUPするホームページもあったし、他所に投稿してもいた。

 

 それが、就職してからというもの、創作をほとんどやめてしまった。

 

 創作以外の評論では、半年にひとつぐらい文章を書いて、自分の所属する会の会誌に寄稿したり、友人の同人誌に寄稿したりして、それが今も続いています(未だに個人サークルを持っていない、というのはちょっと寂しいですけど)。創作はほとんどしなくなっていた。友人のHPに載せていた二次創作物も、仕事の忙しさを言い訳にしてずるずると連載しなくなった。

 

 なぜか。

 

 たぶん、就職すると同時ぐらいに小説をあまり読まなくなってきたことが原因かもしれません。歴史小説はまだぽつぽつと読んでいますが、それはたぶん、その先が分かるから。推理小説はたぶん、読まなくなって4〜5年ぐらいになっているかもしれません。代わりに、新書やエッセイ、研究書を読むことが多くなりました。ここ1〜2年ぐらい、「小説を読もう」と意識するようになって、またぽつぽつと読み始めましたけどね。

 

 でも結局、ずっと創作の「根」みたいなものが生きていて、僕の体から取れてないんでしょうね。なんかもやもやしてしょうがない。最初はEvernoteシノプシスみたいなものをぽつぽつ書いていたんですが、もうなんかもやもやが止められなくなったので、それの保管場所として、このサイトを選んだわけです。

 

「小説家になろう」

 小説家になる気はもうないし、これを読んで評価してもらおうなどとも思ってませんけど…。