読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

伊福部昭のCD3点

こないだ買ってきた伊福部昭のCD+1(別CD)の感想。 伊福部昭のCDは,どれもタワーレコード限定の復刻もの。

『日本狂詩曲, 交響譚詩, 古代日本旋法による蹈歌, 舞踊曲「サロメ」』 (山田一雄指揮、東京交響楽団 、 新星日本交響楽団

 『日本狂詩曲』は若干ゆっくり…というか、これが本来のペースなのか。私が好きなのは、『交響作品集』というCDで、同じ山田一雄の指揮だが、こっちはテンポが早い。これは1980年の録音。今回買ったものは1961年に録音されたもの。音質がクリアで、「あ、ここでこんな楽器使ってんだな」というのが分かって楽しい。それとも、編成が違うんだろうか…と他のと聴き比べてみたら、このバージョンだけピアノが入ってる気がするんだよなあ…。

 …『サロメ』は言うことなしですね。

『SF交響ファンタジー第1番, 交響頌偈「釈迦」』 (小松一彦 、 東京交響楽団

 『SF交響ファンタジー』が、そんな早さで大丈夫か、というぐらい早い。最初はそうでもないんだけど、ゴジラのメインタイトルからどんどん早くなっていく感じ。

『伊福部先生の叙勲を祝う会祝賀コンサート』 (いろいろ)

 伊福部昭の弟子(黛敏郎とか)が、伊福部昭に捧げる曲を演奏しているというのがポイント…かな。  来年は伊福部昭の生誕100年とゴジラ誕生60年ということで、それを記念する『これが、伊福部昭だ!』というCDが3月に発売されるらしいのだが、twitterでは「過去の音源の寄せ集めではないか」という説が流れている。まあ、確かにそうかもなあ…。