読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

書評『マンガの深読み、大人読み』

読書(教養)
マンガの深読み、大人読み (知恵の森文庫)マンガの深読み、大人読み (知恵の森文庫) (2006/11/07) 夏目 房之介 商品詳細を見る
マンガの深読み、大人読み』(夏目房之介、知恵の杜文庫)読了。  昔、BSマンガ夜話という番組があって、録画しては見ていたのを思い出す。私は最初、どういう番組か知らなくて、どのキャラが好きかとか、そういう話かなと思っていたのだが、とんでもない。まあ私がそう感じたのは、中学生ぐらいの頃だったのだから勘弁していただきたい。まあ、番組の話はまた別として…  この本は、BSマンガ夜話でも活躍していた、マンガ家でありマンガ評論家の夏目房之介氏の本だ。「巨人の星」「あしたのジョー」の当時の作者・編集者などにインタビューした部分を骨子として、「ドラゴンボール」「クレヨンしんちゃん」などのマンガを論じている。  やはり圧巻は「あしたのジョー」の部分だろう。原作者の梶原一騎ちばてつやの間に隠れた戦いがあったのは有名な話だ。なぜ力石徹は死ななければならなかったか。それは、ちばてつやがボクシングをあまり知らずに描いたため、力石を大男で描いてしまい、結果、力石は壮絶な減量をしなくてはならなくなった。原作者の梶原一騎は、力石を殺すと宣言。一方、ちばは力石を生かしてやりたかったのだが…などなど、楽しい話満載である。