蓮の国(Lotus Land)

いろいろ雑多に書いてます。

書評『ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい』

ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい (PHPビジネス新書) ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい (PHPビジネス新書) (2012/12/19) 深澤 真紀 商品詳細を見る

 深澤真紀『ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい』(PHPビジネス新書)を読了。

 「草食男子」などの言葉を作った著者が、「常識」のように扱われる報道に異を唱える。タイトルはかなり俗っぽいが、内容はまとも。

 著者の「草食男子」という言葉が、次第にマスコミによって別の意味に変化させられ、流行してしまう。実際、最近の若者は恋愛やセックスに興味がないのか。本当に「昔は良かった」のか。その他、政治に独裁は必要か、ゲーム脳は本当か、などなど。  しかし、瀬戸内寂聴が「戦争中のほうが今よりましだった」なんてトンデモないこと言ってたのか。

 瀬戸内寂聴氏「戦争中の方がまし」とはあまりに酷い http://togetter.com/li/297939

  あっさりとした内容なので、「もっと突っ込んでくれ」と思うところは山ほどあったが、新書だからこの程度で問題ないのかもしれない。それこそ、上述のような考え方を持っている人が読むべき本だと思う。