読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

書評「独裁者の教養」

書評 「独裁者の教養」(安田峰俊、星海社新書)  ヒトラースターリンポル・ポトなどの有名な独裁者から、リー・クアンユーニヤゾフなどのマイナーな独裁者、さらにはフセインカダフィなどの最近の独裁者まで、様々な「独裁者」と呼ばれる人々の背景を記した評伝である。   彼らはただ暴走したのではない。民衆の圧倒的な支持があったり、強力な後ろ盾があったりして成長し、そして、暴走していった。それが果たして正しかったのか間違っていたのか、精密な筆致で書き記していく。   また並行して、著者自身が独立国家に潜入する旅行記もある。場所は、中国とミャンマーの国境、ゴールデントライアングルと呼ばれる麻薬や覚醒剤を密造している、とされる地域に、少数民族・ワ族が支配しているところがある。著者は紆余曲折を経てこの地域に密航する。「独裁者」の統治を身をもって感じるために。   強烈な負の遺産を打破するために、強権的な指導者=独裁者を、内心民衆は求めている。いずれ、日本にも登場するだろう。いや、もう既に現れているのかもしれない。