読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

書評『突飛なるものの歴史』

読書(教養)
完全版 突飛なるものの歴史/平凡社 ¥2,940 Amazon.co.jp  澁澤龍彦種村季弘が熟読したという。  一角獣、セイレン、ケンタウロスなどの神話上の怪物から、ツァラ、ブルトン、ダリなどの絵画、アウトサイダーアート、シュバルの理想宮、カリオストロ、バーナム、そしてUFOまで、人類の歴史に奇妙な足跡をつけたものたちを「突飛なもの」と位置づけて語っていく。