蓮の国(Lotus Land)

いろいろ雑多に書いてます。

書評『遠野モノがたり』

遠野モノがたり (バンブーコミックス)/小坂 俊史 ¥780 Amazon.co.jp    前作『中央モノローグ線』から続く、小坂俊史の情緒的な四コマ作品。

 

 前作で中野を引っ越したイラストレーターの「なのか」。彼女はなぜか東北の一都市、遠野市に引っ越していた。異邦人的な存在だと自覚しつつ溶け込もうとする彼女。  著者は実際に2009年遠野市に引っ越している。この作品を書くためではなく、「なぜ自分がこの町に来たのかさえも分かっていないのです」と後書きで述べている。

 

 『中央モノローグ線』から続く、静かで複雑でゆるやかな雰囲気。

 ああもっと読みたいなあ。