読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

書評『謎解き古代文明』

読書(教養)
謎解き古代文明/彩図社 ¥1,500 Amazon.co.jp  ASIOS (Association for Skeptical Investigation of Supernatural : 超常現象の懐疑的調査のための会)の本の最新作。今回は、超古代文明オーパーツである。  古代、宇宙人が地球に来て、様々な遺跡を作った、古代人に未知なる技術を伝えた、という奇説。古代に、現代を遥かにしのぐ科学技術を持った国があったが、津波で滅びてしまって何も残っていないのだ、という奇説。あるいは、世界は神によって創造された、進化論は間違っている、その証拠はそこかしこに示されているではないか、という、奇説。  ナスカの地上絵やピラミッドという誰でも知っていそうなものから、サンダルで踏まれた三葉虫の化石、カブレラ・ストーン、スイス製腕時計(なんだそれは)というマニアックなものまで。ラストの「皆神山ピラミッドの謎」は、もう笑いながら読んだ。  個人的に驚いたのは、青森県新郷村にあるというキリストの墓に、著者の一人が2010年の夏に調査に赴いた、というところ。ちょうど私とその友人も、8月に新郷村に行っていたのである。くだらない偶然というのはあるもんですねえ。