蓮の国(Lotus Land)

いろいろ雑多に書いてます。

ポメラを懐かしむ、そしてポメラのこれから

1年も前の話題になるが、「ポメラ」の新型が出たとのことなので、ポメラのことを懐古してみたい。

手帳、ノート、メモ帳での「公私」(後編)

konoesyulog.hatenablog.com こちらの記事の続き。

手帳、ノート、メモ帳での「公私」(前編)

この間「完結編」と銘打ったのに、またまた手帳の話である。ご容赦。

分かりにくいセカイ

六車由実「神、人を喰う 人身御供の民俗学」(めちゃくちゃ面白い本です)で出てきた尾張大国霊神社の「国府宮裸祭」。 神、人を喰う―人身御供の民俗学 作者: 六車由実 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2003/03/30 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 42…

「シミルボン」に登録しました

「シミルボン」という本好きのSNSのようなものがあるのですが、これに登録してみました。 shimirubon.jp 読んだ本の感想はこっちにも転載していきたいと思います。

感想「標的は11人」(ジョージ・ジョナス、新潮文庫)

標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チームの記録 (新潮文庫) 作者: ジョージジョナス,新庄哲夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1986/07 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (58件) を見る 1972年に起きたミュンヘンオリンピッ…

古舘トーキングヒストリーの感想(12月10日放送)

「古舘トーキングヒストリー 忠臣蔵 吉良邸討ち入り完全実況」 録画視聴。Twitterに色々書いたので、ここにまとめておくことにする。 非常に面白い番組でした。ドラマパートと解説&トークパートに分かれ、吉良邸討ち入りを再現していく構成。「いわゆる忠臣…

ジム通いをはじめました

先月末からジム通いを始めた。 3年ぐらい前にダイエットしたが、リバウンドが怖い…というが、第2の理由。 第一の理由は、なんとなくダラダラ過ごしていたことに嫌気を感じたから。 就職してから9年、来年で10年になるが、仕事の内容はかなり変わっても、…

手帳のもやもや3

去年の1月以降、順調に進んでいるかに見えた手帳の話。 (全然参考にならないです。反面教師として) konoesyulog.hatenablog.com やっぱり、仕事とプライベートを分けて使う、というのは僕には無理でした。まず予定が無茶苦茶になるし、いちいち「これは仕…

仲間とマニアックに語り合いたくなる映画(シン・ゴジラ)

<ここだけネタバレなし> ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ 作者: カラー、東宝,庵野秀明 出版社/メーカー: グラウンドワークス 発売日: 2016/09/20 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (1件) を見る 『シン・ゴジラ』予告 『シン・ゴジラ』予告2 2016、…

はてなブログ用ブログエディタ「Mocha」を使ってみた

はてなブログのブログエディタ「Mocha」のレビュー。

感想「武士の家計簿」(磯田道史、新潮新書)

武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新― (新潮新書) 作者: 磯田道史 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/07/01 メディア: Kindle版 クリック: 2回 この商品を含むブログ (4件) を見る 非常に面白かったので勢いでレビュー。

感想「凶笑面」(北森鴻、新潮文庫)

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫) 作者: 北森鴻 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/01/29 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (107件) を見る 「異端の民俗学者」・蓮丈那智の元には様々な調査依頼が届く…

感想「オデッサ・ファイル」(フレデリック・フォーサイス、角川文庫)

オデッサ・ファイル (角川文庫) 作者: フレデリック・フォーサイス,篠原慎 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1980/05 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (16件) を見る 主人公のミラーは、ちょっとした記事を新聞社や雑誌に売…

kindle oasisの「場違い」さ

電子書籍の話の続き。 konoesyulog.hatenablog.com 前に「iPadは多機能すぎる」と書きましたけど。 それはAndroidにも言えることです。「本を読みたい」からこのデバイスを使っているので、逆に言えば本を読む以外は使わない、くらいのところまで持って行き…

「蓮の国」の意味

このブログは以前「静かな生活」というタイトルだったんですが、いろいろ考えて今のタイトルに落ち着きました。 元ネタは、イギリスの作曲家シリル・スコットの同名曲から。シリル・スコットはあまり知名度のない作家だと思います。名前を初めて聞いた方も多…

電子書籍を読むためのデバイス、何がいいの?

僕は5年ぐらい前にiPadを買って、それからしばらくしてiPad Airに乗り換えました。買ったのはこの本がきっかけ。 iPadでつくる「究極の電子書斎」 蔵書はすべてデジタル化しなさい! (講談社+α新書) 作者: 皆神龍太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/…

感想「江戸しぐさの終焉」(原田実、星海社新書)

江戸しぐさの終焉 (星海社新書) 作者: 原田実 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/02/26 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る konoesyulog.hatenablog.com konoesyulog.hatenablog.com 「江戸しぐさの終焉」は、「江戸しぐさの正体」の続編…

「小説家になろう」に登録してみました

今頃告白しますが、僕は大学生の頃は文芸部に所属するぐらい、小説は書いていたし読んでもいました。自作をUPするホームページもあったし、他所に投稿してもいた。 それが、就職してからというもの、創作をほとんどやめてしまった。 創作以外の評論では、半…

感想「鍵のかかった部屋」(ポール・オースター)

今年は「海外文学を色々読んでみよう」と思ってます。 何故かというと、以前「読みたいけど挫折しそうな本」をTwitterでいろいろ呟いたのですが、その全てが海外文学だった。もちろん、これまでも小説はいろいろ読んできましたが、ミステリとホラーに偏って…

感想「1973年のピンボール」(村上春樹)

1973年のピンボール (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/11/16 メディア: 文庫 購入: 13人 クリック: 68回 この商品を含むブログ (288件) を見る 「ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、そしてたっぷり水を飲め、ってね」(…

プラハ交響楽団 ニューイヤー・コンサートを聴く

さて、1月11日、「プラハ交響楽団」のニューイヤー・コンサートを聴きに、市内の会場まで行ってきました。指揮者はフィンランド出身のピエタリ・インキネン氏。この人、日本フィルの指揮もやってたんですね。あと、ゲストはヴァイオリニストの千住真理子…

手帳のもやもや 完結編(となるか)

ノックスブレイン ルフト システム手帳 バイブル01 ブラウン 12480430 出版社/メーカー: KNOX ノックス 発売日: 2015/08/25 メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る だいぶ前から悩んでいた手帳について、ある程度の「回答」が出せたのでご報告…

感想「スターウォーズ学」

スター・ウォーズ学 (新潮新書) 作者: 清水節","柴尾英令 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/12/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 僕は大したファンではないので、新作が公開されるのに合わせて、こういう本を読んでちゃんと予備知…

クラシック音楽の分け方

前にも書きましたが、家に祖母の買ったクラシックCDの全集的なものがあって、少し前から週に2〜3回、CDを聞くという修行(?)をしております。買ったCDも増えてしまった。 さて、クラシック音楽をiTunesに入れる場合、個人によっていろいろ管理する方法が…

感想「ダンス・ダンス・ダンス」(村上春樹)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/10/15 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 67回 この商品を含むブログ (365件) を見る ダンス・ダンス・ダンス〈下〉 (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/…

手帳のもやもや2

4月に手帳に関する記事を書きましたが、ずっと使ってみて、まだまだ悩んでいるわけです。 konoesyulog.hatenablog.com 上でかなり偉そうに書いてますが(笑)。 今まで職場から支給された手帳、ほぼ日、ほぼ日カズン、と続けてきて、今年はNOLTYの「キャレ…

村上春樹のライフスタイル・後

遠い太鼓 (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1993/04/05 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 109回 この商品を含むブログ (137件) を見る 村上春樹の小説を読む前に、旅行記「遠い太鼓」を読んでいたのでした。 僕は、「ぶらり…

村上春樹のライフスタイル・前

(初心に帰ってしばらくですます調で) ここ1年ぐらい、なぜか村上春樹を読んでいます。ある人と小説の話題になって、「村上春樹読んだら?」と薦められたからですが。いま考えると、どうして村上春樹を薦められたのかは分かりません。まあ、この「ある人」…

一枚の絵を見に青木村まで行ってきた話

一枚の絵を見に、長野の青木村というところにある青木村郷土美術館というところに行ってきた。私の住んでいるところからは3時間半。私は車のスピードを出さないし、休憩もあって結局4時間ぐらいはかかってるだろう。 「一枚の絵」というのは、桜田晴義の「…