読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の国(LotusLand)

近衛秀一の読書感想文が中心のブログ。

「シミルボン」に登録しました

雑感

 「シミルボン」という本好きのSNSのようなものがあるのですが、これに登録してみました。

shimirubon.jp

 読んだ本の感想はこっちにも転載していきたいと思います。

感想「標的は11人」(ジョージ・ジョナス、新潮文庫)

読書(小説)

 

標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チームの記録 (新潮文庫)

標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チームの記録 (新潮文庫)

 

 

 1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件と、その事件を起こしたテロリスト「黒い9月」たちをモサドイスラエル諜報特務庁) が1人1人暗殺していく、という報復作戦の顛末を描く。

 

 2005年にスピルバーグ監督の「ミュンヘン」という映画が公開されたが、この本はこの映画の原作本。この映画によって事件を初めて知った人たちも多かったのではないか。


映画 「ミュンヘン」 (05 米/日本公開0602) 予告編 <2m40s>

 

 1972年というと世界はまだまだ血なまぐさかった。ちなみにこの年の2月には「あさま山荘事件」が起き、5月にはテルアビブで日本赤軍による銃乱射事件…などなど、左翼革命を信じた人達による事件も多かった。当時、東欧には共産主義の国が多く、まだ「左翼革命」には現実味があったのだろう。

 

 余談はさておき、この「ミュンヘンオリンピック事件」についてだが、未だに根深いイスラエルパレスチナの対立による事件だ。ミュンヘンオリンピックの選手村に、パレスチナのテロリスト「黒い9月」が侵入、イスラエルの宿舎を襲撃し選手たちを人質に取った。最終的に警察の作戦が失敗、人質となった選手たちは全員死亡したという、悲惨な事件である。

 事件に対するイスラエルの動きは早かった。首相のゴルダ・メイアは、報復として空爆を行うとともに、モサドによる「黒い9月」のメンバーの暗殺を指示。イスラエルはこの目的を「次のテロを防ぐため」としており、「神の怒り作戦」とか、「バヨネット作戦」などと言われる。

 

 主人公は、この暗殺チームのリーダーに選ばれた男、アヴナー。彼のもとには様々なエキスパートが集い、次々に「黒い9月」のメンバーを暗殺していく。この作品は、アヴナーの証言に基づいて書かれているが、イスラエルはこの「アヴナー」の存在を否定しているという。理由は本作を最後まで読めば分かるだろう。

 暗殺の計画は銃殺に始まり、ベッドや車に爆弾を仕掛けるなど多種多彩だ。爆弾の設定にミスがあって思い通りにならない、というところも非常に真実味があって面白い。

 

 そう、全て思い通りにはいかない。任務を遂行していくうち、仲間も1人、また1人といなくなっていく。任務の通り人を殺していくことへの虚しさ、絶望感。主人公はこの絶望から逃れようとするが、モサドはそれを許そうとはしなかった。なんとも切ない読了感が、しびれる。

古舘トーキングヒストリーの感想(12月10日放送)

感想(テレビなど)

「古舘トーキングヒストリー 忠臣蔵 吉良邸討ち入り完全実況」

 

 録画視聴。Twitterに色々書いたので、ここにまとめておくことにする。

 

 非常に面白い番組でした。ドラマパートと解説&トークパートに分かれ、吉良邸討ち入りを再現していく構成。「いわゆる忠臣蔵」の映像(2004年放送のドラマ)と、史実に基づいたドラマ(大石内蔵助緒形直人吉良上野介:西村雅彦、ほか)を流して、それを解説&トークパートで分かりやすく解説という、形です。

 

 知らなかったことも多かった。個人的には松の廊下の原因とか、寺坂吉右衛門問題(切腹してない)も詳しく書いてほしかったな。そうすると2時間じゃすまないけど。

 「いわゆる忠臣蔵」(お揃いの装束、山鹿流陣太鼓など)は歌舞伎で洗練されてきたもので、それが「史実じゃない」のは当たり前。じゃあ、「それがいつ頃から行われたのか」と考えるのが面白いと思う。テレビではそこまでやらなかったけど、「忠臣蔵の伝説」がいつ頃から伝わってきたのか。やっぱり仮名手本忠臣蔵なのかな。

 あと、上杉家の上杉綱憲吉良上野介の息子で、上杉家の養子になった)が討ち入りを知って援軍に向かおうとするんだけど、千坂兵部か色部又四郎が止める場面。個人的には、1996年のドラマで石橋蓮司が演じた千坂兵部が好きなんだけど、これも史実にはないそうで。これがいつ加わったのか。一説によると、明治時代に千坂兵部の子孫が吹聴したという話があるんですが、本当なのかしら。

 

 解説者として登場した磯田道史さんは今注目してる方で、研究者なのに話の導入がすごくうまくて(武士の家計簿とか)、喋りもうまい(だからテレビで重宝されるんでしょうけど)。著書もどれもとても面白い。

 ゲストの伊集院光もすごかったな。「一般人目線」とか「ゲーム通目線」とか、いろんな視点からコメントして、それをうまく古舘が吸い上げたり、磯田さんに解説させたりとか。すごい参考になった。その他は名取裕子とアイドルの子で、その2人は普通の発言しかしないでしょうから、それをうまく回す感じで伊集院が素人っぽいことを言って名取裕子やアイドルの子がそれに答える、みたいな形で古舘をサポートしてた感じでした。

 

 ただ、古舘伊知郎の結論が「殺し合いは可哀想」みたいな展開になったのはちょっとどうかな。テレビ朝日だからしょうがないのかな。あと、未だに「赤穂浪士=善、吉良=悪」という目線で見てる人がどのくらいいるのか、ちょっと疑問です。

ジム通いをはじめました

雑感

 先月末からジム通いを始めた。

 3年ぐらい前にダイエットしたが、リバウンドが怖い…というが、第2の理由。

 第一の理由は、なんとなくダラダラ過ごしていたことに嫌気を感じたから。

 就職してから9年、来年で10年になるが、仕事の内容はかなり変わっても、休日の過ごし方はほとんど変わらない。お気に入りの喫茶店でコーヒーを啜りながら本を読んだり、遠くまでドライブしたり、買い物をしたり…と書くと「なんだ休み取れてるじゃん」と思うが、どうも疲れが抜けない。いや疲れというより不安が抜けない。思えば満足に寝たことなどここ数年あったかどうか。

 もともと運動は好きな方ではないが、体力は確実に落ちているだろうし、「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガに登場する吉良吉影という魅力的な悪役の台詞ではないが、「真剣にジムの会員になることを考えた」のである。

 

 登録日当日、身長、体重、体脂肪などいろいろ測定される。数値は全て普通で、店員に「どうしてわざわざジムに入会を…」と変な顔をされる。別にいいじゃないか(笑)。結局「なんとなく」なんだよね。内田百閒ではないけど。いろいろ説明を聞きながらいろんなことをする。しかしリカンベントバイクとルームランナー(でいいのかな)は汗ダラダラかくし運動した気分がするな。そんなことを筋トレマニアの友人に話すと「有酸素運動は筋力アップにはつながりませんよ」と言われる。そういうもんなの?よく分からん。

手帳のもやもや3

手帳

 去年の1月以降、順調に進んでいるかに見えた手帳の話。

(全然参考にならないです。反面教師として)

 

 

konoesyulog.hatenablog.com

 

 

 やっぱり、仕事とプライベートを分けて使う、というのは僕には無理でした。まず予定が無茶苦茶になるし、いちいち「これは仕事かプライベートか」と考えながら書くのは大変。もったいないので、今のところトラベラーズノートはスケッチブックみたいに使ってますが、今後どうするかは考え中。いまは、システム手帳に何でも書くようになりました。

 B5のノートに書いていた時期もある(たぶん5冊ぐらい溜まってる)んですが、持ち歩きを考えるとやっぱりバイブルサイズのままかなあ。前にも書いたけど、一生悩み続けるんでしょうね。あーあ。

仲間とマニアックに語り合いたくなる映画(シン・ゴジラ)

感想(映画)

<ここだけネタバレなし>

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 


『シン・ゴジラ』予告


『シン・ゴジラ』予告2

 

 2016、総監督:庵野秀明、監督:樋口真嗣、ほか。

  シン・ゴジラを公開初日に見てきました。ユナイテッド・シネマ新潟で4DXで見たので、普通の状態で今度見てみたい。IMAXは新潟にはないから、東京に行って見ようか…などと考えてます。つまり、何度も見たくなるほど、私にとっては素晴らしかった映画です。

 「シン・ゴジラ」でたまたまヒットしてこのページをご覧になっている方。もし「シン・ゴジラ」を見ようと思っているならば、この映画はネタバレ無しで映画館で観たほうが絶対いい。庵野秀明の実写映画はほぼ初めて観たのですが、いろんな意味で裏切られました。

 以下ネタバレあり。

続きを読む

はてなブログ用ブログエディタ「Mocha」を使ってみた

ガジェット

 タイトル通りの記事なのだが。

 

 昨日、twitterで「Mocha」の公式アカウントにフォローされ、気になって調べてみたら、はてなブログ用のブログエディターであることがわかり、早速ダウンロードして使ってみた次第。

 

続きを読む